2010年11月16日火曜日

Moral Judgments Recruit Domain-General Valuation Mechanisms to Integrate Representations of Probability and Magnitude

Amitai Shenhav1, and Joshua D. Greene

Moral Judgments:例えば「何人が何%の確率で助かるなら、1人の命を犠牲にしても良い?」という判断。
この時、我々は、「助かる人数(magnitude)」と「助かる確率(probability)」と「助かる人数の期待値(expected value)」を計算する必要があるだろう。
それは脳のどこに保持されている?また、通常の経済的意思決定(報酬の確率や量、期待値)と同じ場所で保持されてる?

fMRI実験結果:
助かる人数(magnitude):the posterior cingulate cortex, central insula, putamen, and inferior parietal lobe
助かる確率(probability):the left dorsal posterior insula, putamen, ventral posterolateral thalamus, and right posterior cingulate cortex
助かる人数の期待(expected value):the ventromedial prefrontal cortex
→ 通常の経済的意思決定(報酬の確率や量、期待値)と同じ場所で保持されてる

2010年11月13日土曜日

Appetitive and Aversive Goal Values Are Encoded in the Medial Orbitofrontal Cortex at the Time of Decision Making

Hilke Plassmann, John P. O'Doherty and Antonio Rangel
The Journal of Neuroscience, August 11, 2010 . 30(32):10799 .10808 . 10799

意思決定を行う際は、それぞれの選択肢に価値(Value)を割り当てる。
その価値が意思決定のタイミングで脳のどこに保持されているのか?Appetitiveな価値についてはよく知られているが、Aversiveな価値についてはほとんど知られていない。

fMRI実験により、the medial orbitofrontal cortexとthe dorsolateral prefrontal cortexが、Appetitiveな価値とAversiveな価値の両方をコードしていることが分かった。