2010年12月23日木曜日

Frames, Biases, and Rational Decision-Making in the Human Brain.

Benedetto De Martino, Dharshan Kumaran, Ben Seymour, Raymond J. Dolan., 2006.
Science. 313, 684-687.

"フレーミング効果(see, Prospect theory)"のneural correlate.

Financial decision-making task:
"Gain" frame, "Loss" frameのそれぞれで、"Sure" optionか"Gamble" optionを選ぶ

行動データ:フレーミング効果あり。"Gain" frameでリスク回避的, "Loss" frameでリスク愛好的。

fMRIデータ:

  • 「(G.sure+L.gamble)-(G.gamble+L.sure)」、フレーミング効果に一致する方向:bilateral amygdala.→フレーミング効果はemotional systemsによって引き起こされる。
  • 「(G.sure+L.gamble)-(G.gamble+L.sure)」、フレーミング効果と逆の方向: anterior cingulate cortex.→上記emotional systemsとanalyticな評価をするシステムがconflictしている。
  • 合理性(フレーミング効果の影響を受けない)の個人差と活動が相関する脳部位:OFC and MPFC (amygdalaと強い双方向結合がある。損傷すると合理的な意思決定ができない)。
emotionalとcognitive informationを統合してvalue of choiceをコード。そして合理的な意思決定を行わせる。

0 件のコメント:

コメントを投稿