2010年12月22日水曜日

Neural correlates of mentalizing-related computations during strategic interactions in humans.

Hampton AN, Bossaerts P, O'Doherty JP., 2008.
Proc Natl Acad Sci U S A. 105, 6741-6.

Mentalizing (心の理論)のneural correlateを調べる:

Mentalizingに関係する脳部位は特定されてきている:medial prefrontal cortex (MPFC), posterior superior temporal sulcus (STS), temporal poles。他にもanterior cingulate cortex (ACC), tempo-perietal junction (TPJ)など。
→しかし、「それらの部位がどのように働くのか?」は不明

ゲームにおけるmentalizingのシンプルなモデルを作り、fMRI dataにfittingする。

ゲーム:inspection game (matching pennies gameの変形版)
意思決定モデル:
Reinforcement learning (RL): 報酬のみを手掛かりに学習・意思決定
Fictitious play (Fict): 相手の行動の確率分布を推定して意思決定
Influence model (Influence): Fictに似ている、相手の行動の確率分布を推定する際に自分の行動が相手の信念に与える影響(Influence)を考慮
結果: Influence modelが行動データに一番fit。→Influence modelに沿って、fMRI dataを解析。

ゲームで実際に選択された行動の期待利得と活動が相関する脳部位:medial orbitfrontal cortex (mOFC), medial PFC (mPFC) and temporal pole.
自分の行動が相手の信念に与える影響(Influence)のupdate signalに相関する脳部位:pSTS.
議論:
mPFCが行動の期待利得を保持。自分の信念を変化させて、このを期待利得を修正していく。
信念を変化させるsignalの「相手の行動変化を見積もった項」はpSTSによって表現される。

Accordingly, whereas signals in mPFC relating to expectations may be used to guide choice during game performance, signals in pSTS may be used to modulate or change influence expectations on the basis of the actual outcomes experienced.

0 件のコメント:

コメントを投稿