2011年12月28日水曜日

2011年の仕事納め


なんとか今年も仕事納まりました。
お世話になった皆様、ありがとうございました。
今年は学会などあまり出歩かず、論文執筆にほぼ専念した一年でした。
結局、論文のリバイズは来年に持ち越してしまいましたが、目標はあくまでアクセプトなので気にしないことにします。

また、今年は三年ぶり(!)に論文を出版できました。
2008年に現職場に来て分野が変わったこともあり苦戦していましたが、これで少しホッとしました。
あとは2008年から取り組んでいるメイン・プロジェクトの論文がアクセプトされれば、「現職での四年間は悪くなかったと思えるのかな」という感じです。

Shinsuke Suzuki*, Kazuhisa Niki, Syoken Fujisaki and Eizo Akiyama, “Neural basis of conditional cooperation”, Social Cognitive and Affective Neuroscience, Vol. 6, No. 3, pp. 338-347, 2011.
産業技術総合研究所の仁木和久さんとの共同研究です。
fMRI実験で「関節互恵的協力行動の神経基盤」の解明を目指しました。
大学院時代の最後のプロジェクトで神経科学に参入するきっかけになったので、思いで深い研究です。出版まで時間がかかりました(かなり前にアクセプトはされてましたが…)。

Shinsuke Suzuki* and Hiromichi Kimura, "Oscillatory dynamics in the coevolution of cooperation and mobility", Journal of Theoretical Biology, Vol. 287, No. 1, pp. 42-47, 2011.
大学院時代の同級生の木村さん(とめ研究所)との共同研究です。
生物の移動能力と協力行動が共進化する可能性をコンピュータ・シミュレーションで示しました。

それでは。
よいお年を!

0 件のコメント:

コメントを投稿